雑司が谷zodee(ゾディー)

雑司が谷での暮らしや、雑司が谷のみどころなどをまとめたブログです。 美味しいお店や素敵なカフェなどこっそり教えます。

カフェ

IMG_4396
元・ポンポネットの物件に、新しいケーキ屋さんができました。
「毎日がクリスマス」がテーマのケーキとローストチキンのお店、【ルドルフ】です。 
パティシエは田園調布のレピドール出身、その後パリ、神戸で経験を積みこちらのお店を開いたそうです。

今日4月11日はまだプレオープンということで、ケーキだけでチキンは19日のグランドオープンから。
5月からはランチも始まる予定とのことです。たのしみ!

IMG_4398

IMG_4389

お店の中はクリスマスの飾り付けがされていて、ちょっと気分があがります。
白を基調とした内装で北欧っぽい感じ。
席数は15〜16席ほど。わりとゆったり座れそう。

IMG_4390

IMG_4388

 
ケーキのラインナップはこんな感じでした。

IMG_4393

IMG_4392

IMG_4395

IMG_4394

IMG_4391

IMG_4407


ガトーフレーズ ¥450
チーズケーキ ¥380
ガトーショコラ ¥400
タルトポワール ¥320
タルトアプリコ ¥320
ムースショコラ ¥400
シャルロットポワール ¥450
シュークリーム ¥220
ダブルシュー ¥280


今日はシュークリームとダブルシューを買って、お友達に差し入れしました。
割と軽めのカスタードで、口当たりも良くて美味しいシュークリームでした〜!
他のケーキや、来週からお目見えするローストチキンも楽しみ。
チラシによると「ローストチキンはハーブでマリネしたチキンを低温でじっくり、余分な脂を落としながらヘルシーに焼き上げます」とのこと!これはぜひ試してみたいです。



Cafe ルドルフ
Facebookページ
東京都豊島区目白2-2-2 Mejiro222ビル 1F 

IMG_3763

今日は第三日曜日なので、すずめ茶房さんもやっています。

今月のメニューはこんなかんじ〜

IMG_3703

満席だったので、今日は酪ぎゅうひをお持ち帰りにしてもらいました。

IMG_3764

IMG_3762

持ち帰りの手提げがめっちゃ可愛い。

IMG_3791

IMG_3788

17時までのオープンですので、雑司が谷さんぽの休憩にぜひ〜!



すずめ茶房 
南池袋3−4−19
すずめ茶房 ブログ

IMG_3408

雑司が谷ランチでおすすめのお店と訊かれたらぜひ紹介したいお店の一つ、Mo's cafe(モズカフェ)さんを今日は紹介します。 

入り口はこんな感じ。

IMG_3409

ちょっと隠れ家っぽくていい雰囲気。

IMG_3407

 カウンター席とテーブル席、フレームに入りきってませんが左側にもテーブル席がまだあります。
店内は結構広いですが、ランチタイムはすぐ満席になってしまうほどの人気店です。

IMG_3410

メニューはこんな感じ。
私はポークソテージンジャーソースか、チキンカツ、チキンソテー(中華風ソースのとき)が好きです。

今回はチキンカツにしました。
IMG_3408

チキンカツの甘めのソースが食欲をそそります、思い出した今も口のなかに唾が・・・
付け合わせが温野菜というのも嬉しいポイント。
スープとライスがついてくるので、男性でもかなりお腹いっぱいになる量です。
ちなみに私はいつもライス少なめにしてもらいます。

 
ランチタイムはすぐ満席!と書きましたが、12時を外していけば結構入れます。
なので11時半や13時など、近隣のビジネスマンのお昼休憩とずらして行くことをおすすめ!

余談ですが、お店の名前のMo's cafeというのは、シェフの本橋さんのカフェ、モトハシズ カフェ→モズカフェという由来だそうです。
モズってなんだろう鳥かなあとか考えていたので、先日シェフから教えてもらえて疑問がとけました。



Mo's cafe(モズカフェ)
東京都豊島区雑司が谷2-5-18

IMG_2631

2月11日、要町のなんてんカフェで「なんてん落語」のイベントが行なわれ、第一回は春風亭 昇々さんが登壇。
古典落語の初天神と就活をテーマにした新作落語の2本立てでした。

お客さんは20人以上の大盛況。
私もおなかを抱えて笑いました。

今週末はホロスコープ(占星術)のイベントがあるそうで、そちらも面白そう。
昇々さんのホロスコープを見せてもらったら、噺家になるべくしてなった天才タイプでした。すごい!

ホロスコープのイベント詳細はこちらから。
 

_______________________

なんてんカフェ
東京都豊島区要町1-10-7

なんてんカフェサイト

Facebook 
 

↑このページのトップヘ